HOME>アーカイブ>知っておきたい仕組みとその準備を理解する

いろいろな種類が存在する

仕事

正社員の秘書は、必ずしもどこでも雇われるわけではありませんが、募集されている場合に申し込むことで雇ってもらえる可能性があります。このとき、検定の合格が必要になるかが問題になります。多くの会社では、検定の合格を必要としている傾向にあります。例えば、ある程度大きな会社の社長や取締役等では、最低2級を持っていないとなれないところも少なくありません。このように考えれば、少なくとも秘書検定を受験し資格を取得しておくことによりなりやすくなるのは間違いありません。ただ、仕組みとして検定を全く必要としていないところがあることも知っておきましょう。例えば、国会議員や地方議員の秘書がこれに該当します。この場合には、面接などを行うだけでなれることも少なくありませんが、人脈等があれば面接をせずとも合格するようなことも考えられます。普段から、政治活動に参加して自分をアピールすることが必要です。

どのような準備をしたら良いか

仕事

正社員の秘書になるためには、検定の合格が必要な場合には事前に受験をしておく必要があります。検定は3級ならばそれほど難しくありませんが、やはり2級以上になるとだんだんと難易度が上がってきます。そのため、早い段階で勉強しておき就職活動のときには既に取得しておくことが大事です。特に、大学生の時に目指す場合には在学中にすでに検定に合格しておきましょう。少なくとも、3ヶ月から半年程度の時間があれば合格することは十分可能になるでしょう。もし、検定が必要のない国会議員等の秘書の場合には事前に人脈を作っておくことが必要になるでしょう。政治家のホームページなどに行自分も一緒に政治活動したいと伝えることで参加することが可能になります。

広告募集中